Philosophy

「EN DEHORS(アン・ドゥオール)」は

ダンサーという表現者を心からリスペクトします。

舞台を観に行くと、ダンサーの情熱やエネルギーを肌で直に感じます。

自身の身体で振付家の意図やその作品を表現し、かたちにしていく。

そのからだや感情、表現力は観る人のこころを揺さぶり、感動させます。

それはとても素晴らしく、そしてすごい力だと思います。

そんなダンサーの素晴らしい個性や感性を思うとき、

ダンスウェアにも、それに応じてもっと様々な個性やバリエーションが

あっても良いのではないだろうかと思うようになりました。

日常で着ている洋服は、

想像している以上に、その人の気分を左右しています。

とびきりお気に入りの1枚を着た時の、

あのワクワクとした高揚感-。

身体のラインを晒し、鏡と向き合うことが不可欠なダンスウェアこそ、

そんな感覚が、表現することへのモチベーションや

重要な糧になるのでは、

と考えました。

ある人はシンプルに。ある人は個性的に。

ある人は可愛らしく。ある人はクールに。

踊りを踊る全ての人が、

それぞれその人らしいお気に入りのウェアを着て、

気持ちよくありのままの自分でいられること。

そして自信に満ち満ちて、

何かをちからいっぱい表現出来ること。

EN DEHORSは

誰かのそんな瞬間に、少しでも関わっていけたらと願っています。